1994年アニメーション映画公開以来、ミュージカルコンサートなどありとあらゆるエンタテインメントを席巻している、ディズニーの人気作品をリメイクした『ライオン・キング』(公開中)。

    【写真を見る】超モフモフ!毛1本1本まで緻密に再現された『ライオン・キング』の動物図鑑<写真8点>

    9日の公開から4日間の興行収入は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(03)や『アベンジャーズ』(12)を抑えて、8月公開のディズニー作品史上1位となるヒットスタートを切っている。本作で話題となっているのが、なんと言ってもCGで再現された“超実写”な動物たちだ!

    命豊かなサバンナの王国、プライドランド。王であるライオンのムファサに、息子のシンバが誕生する。しかし、ある悲劇からムファサは命を落とすこととなり、幼いシンバは王国を追放されてしまう。新たな世界で出会った仲間たちと一緒に冒険を続け、やがてシンバは自分が生まれた意味を知っていくことに…という物語が紡がれる。そんな本作には、個性豊かな動物たちがたくさん登場するので、写真とともにそのモフモフな毛並み具合を改めてチェックしていきたい。

    まずは主人公のシンバから。物語序盤の赤ん坊の頃は、全身が柔らかで短い毛に覆われており、毛先の軽やかなホワホワの姿は、とにかくキュート子どもらしさ満点だ。たくましく成長し青年になるにつれて、徐々にたてがみをたくわえ、体毛の質感もしっかりとした硬さを感じさせるようになっていくなど変化が。幼少期と青年期のギャップに注目してみるのもおもしろい。

    たてがみといえば、父のムファサとその弟で王位を狙う狡猾なスカーを見比べても、個性が出ているのがおもしろいところ。ムファサのたてがみは毛の1本1本がしっかりと立っており、毛並みが良くボリューミーで威厳と貫禄を感じさせるものとなっているが、一方のスカーはペターっとした元気のないたてがみで、どこか暗く邪悪な印象に。立場や性格の違いまで細かな毛並み一つで表現したCGの巧みさには驚かされてしまう。

    またライオン以外の動物の表現もチェックしていきたい。シンバの親友であるイボイノシシのプンバァは、毛の生えていない部分の皮膚の堅そうな質感、立派な牙など毛以外の表現も超リアル。同じく親友のミーアキャットのティモンは、全身の毛がふわふわで、小動物らしくかわいらしい仕上がりとなっている。

    ジャングルブック』(16)でも、実写とCGIを融合させた映像で観客の度肝を抜いたジョン・ファブロー監督だが、本作ではさらに最先端のVR技術も取り入れた進化した映像表現を実現。こだわり抜かれたCGによって実物と見間違うほどリアルな姿で再現された動物たちをはじめ、美しい大自然などの驚異の映像には、目を見張ってしまうこと間違いなし!(Movie Walker・文/トライワークス)

    “超実写”なCGがスゴい!『ライオン・キング』のモフモフすぎる動物たち


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“超実写”はモフモフ注意!『ライオン・キング』の動物たちが、こんなにホワホワ】の続きを読む



    マカオといえば大型統合型リゾート(IR)や林立する高層マンション、雑然と並ぶ古いビルといったイメージがありますが、コロアン・ビレッジはかなりのんびり。時を忘れそうなほどのノスタルジーの世界です。マカオパンダ館、あの有名なエッグタルトの本店、SNS映えで人気のポイントまでご紹介します。

    マカオで「マカオパンダ館」に行こう!

    散策を始めるのは「マカオパンダ館」。マカオ半島にあるバスターミナル「アマラル広場」からバスで40分ちょっとで到着です。そこから歩いてエッグタルトの名店へ。そのままコロアン・ビレッジを歩きます。



    かわいすぎる双子のパンダで脳内モフモフする

    バスを降りたらすぐにマカオパンダ館がある「石排灣郊野公園 (Seac Pai Van Park)」が見えてきます。


    入場料を払って中に入ると、がらーんと広い空間。日本のパンダがいる動物園とは比較できないほどの静けさ。暑さを避けて朝早く来たからでしょうか。左のドームに入ります。


    2016年6月26日まれの双子のパンダ、Jian Jian(男の子)とKang Kang(男の子)がワシワシと笹を食べていました。どっちがどっちかはわかりませんが、とにかくかわいい。元気いっぱいです。

    画像ではお伝えきれないかわいさを、動画でご覧ください。想像で脳内モフモフしてくださいね




    ジャイアント・パンダ以外にも、レッサーパンダもいます。彼らも笹を食べるんですね。


    顔出しパネルは、実際にはパネルではなくて3D。これはどう見ても4人家族用ですが、ぜひここで1枚!

    マカオパンダ
    住所:Macao Giant Panda Pavilion, Seac Pai Van Park
    電話:+853-2888-0087
    開館時間:10:00~13:00(最終入館12:45)、14:00~17:00(最終入館16:45)。月曜休館。月曜が祝日の場合は翌日休館
    ジャイアント・パンダ情報センター 10:00~17:00
    フトショップ 9:30~17:30
    入場料:大人10マカオパタカ、12歳以下・65歳以上無料
    HPhttp://www.macaupanda.org.mo/

    エッグタルトの老舗で買って食べてお土産

    ロード・ストウズ・ベーカリー」はイギリス人の薬剤師アンドリュー・ストウ氏が1989年オープンしたエッグタルトの名店。ポルトガル旅行中に食べたエッグタルトを自らレシピを起こして作るようになったそうです。

    本店のほかにマカオに6店、香港、フィリピン、日本にもフランチャイズ展開しています。ちなみに日本のフランチャイズは「アンドリューエッグタルト」という名前で大阪、神戸、名古屋、金沢、鹿児島で計11店舗を展開しています。


    お店に近づくとだんだんいい香りが漂ってきます。オーブンから焼き立てのエッグタルトが取り出されているところでした。


    箱には30周年のロゴが。1個10パタカ(MOP10)です。パタカ(MOP)はマカオの通貨。マカオでは香港ドル(HK$)も使えます。MOPとHK$は等価で使用できます。


    隣に併設されたカフェゆっくりしても良し、お店の向かいにはテーブルやベンチがあって、ここで食べると気持ちよさそうです。


    1分歩けば海沿いの小さな公園にもベンチがあって、こちらも木陰に吹く風が心地よさそう。


    海沿いの通りにもベンチがあって、こっちも楽しそうです。香港から遊びに来ているグループもおいしそうにエッグタルトを楽しんでいました。


    エッグタルト以外に、シンプルながらおいしいとおすすめなのがエッグホワイトケーキ。スライス1枚で6パタカです。


    パウンドケーキクルミレーズンバナナオレンジといろいろあって、こちらはスライス1枚で14パタカです。クロワッサンプレーンが12パタカでした。


    お土産なら日持ちするクッキーがおススメ。種類と大きさなどいくつかありますが、例えばジンジャーアーモンドチョコレートピーナッツダークチョコレートクルミなどの小さなパッケージがそれぞれ32パタカ、大きな詰め合わせは125パタカです。

    LORD STOW'S BAKERY (ORIGINAL SHOP)
    住所:1 Rua do Tassara, Coloane Town Square, Macau
    電話:+853-2888-2534
    営業時間:【月〜日】7:00~22:00
    HPhttps://www.lordstow.com/

    カラフルな壁からザビエルの教会まで


    海沿いを少し南へ行くと、カラフルな家が。この家々の壁がSNS映えしそうです。

    Coloane Village Colorful Walls
    住所:4H92+2F Coloane Village
     


    もう少し歩くと見えてくるのが「聖フランシスコ・ザビエル教会」です。そう、日本でキリスト教を布教したあの方の名前が冠された教会で、江戸時代に迫害を受けた日本人殉教者の遺骨が納められているそうです。

    フランシスコ・ザビエル教会
    住所:Rua do Caetano, Largo Eduardo Marques, Coloane
    開館時間:9:30~17:30


    教会の手前の広場はマーケット。周りの通りまで飲食店などがあります。

    小道を巡ってゆっくりのんびり歩く

    古くからの狭い道がノスタルジックです。天気が良く、青い空とのコントラストが美しい風景があちこちに。


    なんとなく懐かしいような気分にもなるし、昔からのマカオの生活も感じられます。


    ここは「美女巷」と言う通りと「老人圏」という通りの交差点。なにか意味があるのかなと考えさせられました。


    生活感があって、なんだかホッとするシーンがあちこちに。明るい太陽の下、色彩豊かでポップな写真になりますよ。

    まとめ|心がふっと軽くなる感じ

    数時間をコロアン・ビレッジで過ごしたら、なんだか心がふっと軽くなるように感じました。小さな家が小道に立ち並ぶ海辺の街は、なんだかほっとさせてくれます。

    マカオは都会の喧騒も、自然も、昔からの落ち着いた風景も共存していて、どこへもアクセスが簡単。コロアン・ビレッジにもふらっと出かけてみませんか。

    名所はもっとあります。マカオ政府観光局のサイトにまとまっています。
    マカオ政府観光局|ノスタルジア・コロアン

    協力:マカオ政府観光局 https://www.macaotourism.gov.mo/ja/

    [All photos and video by Atsushi Ishiguro]
    Coloane


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マカオ・コロアンで「双子パンダやエッグタルト」を求めて散策!SNS映えポイントをクローズアップ】の続きを読む


     まん丸オメメの猫ちゃんやフワフワ毛並みのワンちゃん。保護犬や保護猫だった子たちを集めた写真集『みんなイヌ、 みんなネコ』が、8月19日にパイ インターナショナルから発売されます。価格は1300円(税別)。

    【画像:笑顔がすてきなワンコ】

     紹介されているのはペット情報サイト「sippo」が開催しているチャリティーイベント「みんなイヌ、みんなネコ」に出品された作品など100点。

     保護犬や保護猫だった子たちが新しい家族に引き取られて元気に暮らしている姿や出会ったときのエピソード、飼い主さんのメッセージなどが見られます。

     この子たちには新しい家族が見つかりましたが、全国の自治体で殺処分が行われているのも事実。『みんなイヌ、みんなネコ』というタイトルには「犬はみんな犬、 猫はみんな猫です。全ての犬や猫、 そして人が幸せになれる社会にしたい」という思いが込められているといいます。

     sippoイベント「みんなイヌ、みんなネコ」は、8月15日~19日に京王百貨店・新宿店で開催。会場では写真集の先行販売を行い、書籍売上の一部は公益社団法人アニマルドネーションに寄付されます。

    ●『みんなイヌ、みんなネコ』sippo写真展

    場所:京王百貨店・新宿店(7階・大催事場)東京都新宿区西新宿1-1-4

    会期:8月15日~19日

    時間:10時20時(最終日は18時閉場)

    参加費:無料

    2月の寒い日に駐車場で保護された「ぐっぴー」ちゃん 大きく成長しました


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【家族にしてくれてありがとう 保護犬や保護猫の写真集『みんなイヌ、みんなネコ』発売】の続きを読む

    このページのトップヘ